ブログ|伊勢原市の歯医者【近藤歯科医院】

子どもを虫歯菌から守る!

2019.02.18(月)

「歯科医療から全身の健康を実現する」伊勢原市の近藤歯科医院です。

 

当院では0才から95才まで、全世代の患者さまに来院いただいております。

子どもが小さな頃からかかりつけの歯科医院を持ち、その雰囲気に慣れることは、歯科医院に対する無用な緊張や不安を持つ事なく通院できる環境づくりという点で大変好ましいことです。

 

さて、子どもを虫歯にしたくないというのは、保護者共通の願いでしょう。

そもそも生まれたばかりの赤ちゃんの口腔内には虫歯の原因になる「虫歯菌」は存在しません。

それではいつ頃、何が原因で子どもたちは虫歯菌に感染してしまうのでしょうか。

 

その主な感染源は、一緒に暮らしているご家族の唾液と言われています。

一例を挙げると、大人が使用したカトラリーで食べさせたりすることで、大人が保有する虫歯菌を赤ちゃんにうつしてしまうことがあるのです。

 

子どもにできるだけ虫歯菌を感染させないためには…

①保護者自身が日々の歯磨きと歯科医院での定期的なプロケアを行う

家族に虫歯が多いほど子どもに感染しやすいと言われています。

また妊娠中から母親が自身の口腔内の状態を健康に保つことも大変効果的です。

 

②口移しはなるべく避ける

大人が使ったスプーンでそのまま食べさせることや、所謂「噛み与え」は避けましょう。

 

③うがいのコップを大人・子どもで分ける

 

④子どもへの「チュッ」に気を付ける

とはいえ、かわいい我が子とスキンシップをとるのは当然の事ですので、神経質になりすぎることの無い程度に配慮してみてください。

 

子どもが最初に虫歯になりやすい「要注意時期」は、1歳半~2歳半頃です。

この頃は歯が次々に生える時期で、且つ乳前歯よりも形が複雑な乳臼歯(奥歯)も増えるので、むし歯菌に感染すると虫歯になりやすくなってしまいます。

子どもの歯を守るために、特にこの時期は「できるだけ感染させない」ための工夫をしてみてください。

 

虫歯予防のためには食後の歯磨きをしっかり習慣づけることも当然のことながら大変重要です。

さらに歯科医院で定期的に口腔内の状態確認とフッ素塗布を行うことも効果的です。

当院に通院中の子どもたちは、キッズスペースでアニメを観たり、パズルをしたり、お昼寝したり…と思い思いにリラックスして過ごしています。

 

当院は伊勢原市で虫歯の無い子どもたちがたくさん育ち、生涯に渡り良好な口腔内環境を維持できることを目指しています。

お子さまの口腔内環境について疑問や不安のある場合、まずはご来院の上ご相談ください。

 

 

 

 

院内感染対策①

2019.02.09(土)

「歯科医療から身体の健康を実現する」伊勢原市の近藤歯科医院です。

 

2月に入ってからもまだ少しインフルンザの影響が残っているようですね。

 

医療機関では冬の時期に限らず、常に院内感染対策を行っております。

それは患者さまの身を守るためであるのは当然のことながら、医院の大切なスタッフ、そして自分自身を守るためでもあります。

 

当院が「院内感染対策」として行っていることはいくつかありますが、今回はその中でも空気感染対策にフォーカスした「超音波噴霧器による院内感染対策」についてご紹介致します

この超音波噴霧器は

①塩と水から作られたアルカリ性の電解水を噴霧することにより、空気中のウィルスを人の細胞に付着しても増殖できないように不活化させます。

(HIV・肝炎ウィルスの不活化も確認されています。)

②電解水の原料は純度の高い電解水生成原料塩と不純物を取り除いた純水で、経時変化が起きにくく安定していることが特長です。

②超音波噴霧器から出る霧の細かさは3~4ミクロン。(一般的な加湿器の霧は9ミクロン)

超微粒子のため広範囲に広がり、カビの原因となる窓ガラスの結露や水滴の心配がありません。

③前述の通り、原料は塩と水の電解水ですので安心して使用できます。

(メーカー提供資料によりますと、原液濃度での皮膚・粘膜・眼・そして経口毒性の安全性試験をパスしています)

 

当院ではこの電解水を空気中に噴霧させるだけではなく、濃度を高めたスプレータイプのものを診療ユニットの清掃やドアノブ、スイッチパネル、化粧室の清掃等にも使用しております。

なお、医療器具の消毒・滅菌については全く別の方法で滅菌をしております。

簡単にご説明いたしますと…

アルカリ水による予備洗浄で有機物の除去

流水洗浄

薬液を使用した超音波洗浄機による洗浄で有機物を完全に除去

流水洗浄

オートクレーブによる高圧滅菌

…という手順です。

(医療器具の滅菌については別の機会に改めてご紹介致します。)

 

湿度の低いこの時期、こ家庭でも加湿器をご使用になるだけで、インフルエンザ対策には大変効果的です。

(湿度は50-60%を保つことが望ましいと言われています。)

なお水道水を使用している加湿器の中での菌の繁殖を抑えるため、水道水は「注ぎ足す」のではなく、「毎日入れ替える」ことをお薦め致します。

 

1月16日付けの当ブログでは「口腔ケアでインフルエンザ予防」をご紹介しておりますので合わせてご参考にしていただけましたら幸いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

歯科医院にひざかけがある理由

2019.02.02(土)

「歯科医療から身体の健康を実現する」伊勢原市の近藤歯科医院です。

 

当院では各診療ユニットにふわふわのひざかけを準備し、治療の際には積極的におかけしております。

その理由は「女性がスカートを着用している場合、足元が冷えるため」ということはもちろんの事ですが、一番の目的は「ふわふわのあたたかいひざかけで安心感を得られる心理効果」です。

 

この心理効果についてご興味のある方は「ハーロウの代理母実験」を検索してみて下さい。

 

子供の頃は誰しも保護者に「あたたかな温もり」を求めているとされています。

タオルケットやぬいぐるみを身近に置きたがるのもその「温かみ」「温もり」を無意識的に求めているから。

 

そのため大人になってからも不安感に襲われた時に、自然と「ふわふわ温かいもの」に手が伸びるのは至極自然なことと言われています。

 

もちろん全員の患者さまに応用できる心理効果ではないものの、歯科治療時に感じる緊張感や不安感を緩和する一助になれば…という思いでひざ掛けをおすすめしております。

 

かくいう私はひざ掛けを使用するのが何となく邪魔で気が進まないタイプです。

私のような患者さまも当然いらっしゃる事と思います。

不要な方はご遠慮なくその旨お申し出ください。

 

いずれにせよ、患者さまの不安感と不快感を少しでも和らげられるよう、治療方法については十分な説明を行い、痛みを最小限に抑えるべく全神経を集中して治療にあたっておりますが、疑問等ございましたらいつでもご遠慮なくお尋ねください。

 

 

歯科医院でAED?

2019.01.25(金)

「歯科医療から身体の健康を実現する」近藤歯科医院です。

当院ではAEDを設置しております。

AEDとは心室細動=心臓が正常に拍動できずに痙攣している状態に対し、電気ショックを行い心臓を正常なリズムに戻すための医療機器です。

口腔内の治療を行う歯科医院になぜAEDを?と意外に感じられる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

実は歯科の医療行為には心停止に至る可能性があるものがいくつかあります。

例えば深い虫歯の治療や抜歯をする際に使用する局所麻酔。

その局所麻酔による死亡リスクは全身麻酔による死亡リスクよりも7~8倍高く、その原因は迷走神経性のショックやアナフィキラシーショック、局所麻酔中毒など様々な原因であるという報告があります。

(※橋内章「全身麻酔のすすめ」真興交易医書出版部)

 

加えて厚生労働省発行資料にも以下のような記述があります。

「歯科の外来診療においては。誤嚥等の恐れがある小さな治療器具が多用されていること、局所麻酔を行う事例が多いこと、高齢社会の進展に伴い、全身状態の把握・管理が必要な患者が増加していること、抜歯や小手術等観血的処置をする機会が多いことから、患者にとってより安全で安心できる環境を整備する必要がある」

 

以上をふまえると、歯科医師も全身的医学知識を向上させる必要があるのはもちろんのこと、心停止に至る可能性のある症例に対し速やかかつ効率的な救命処置を行えるようAEDを設置することは義務であるといっても過言ではないでしょう。

またこのように重篤な症状に至った患者さまの約半数が何らかの持病があったとの報告もあることから、患者さまご本人も歯科に限らず治療を受ける際にはできるだけ体調や病歴について正確な申告ができるよう、ご自身の疾患の把握を日頃から行われることを強くお奨め致します。

 

当院には「応急手当普及員」の資格を有したスタッフもおりますので、ご質問等がございましたらご遠慮なくお尋ね下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

口腔ケアでインフルエンザ予防

2019.01.16(水)

「歯科医療から身体の健康を実現する」近藤歯科医院です。

今月9日、厚生労働省はインフルエンザ患者数が「注意報レベルを超えた」と発表しました。

感染防止のために予防接種を受けたり、マスクをしたり、手洗いをしたり、と対策をしていらっしゃる方も多いことと思います。

 

口腔ケアもインフルエンザ予防に効果的であるという研究結果があります。

※「口腔ケアによる気道感染予防の実施方法と有効性の評価に関する研究事業報告書」(社会保険研究所刊)

 

その研究概要は

・デイケアに通う65歳以上の高齢者をAグループ(98名)、Bグループ(92名)の2つのグループに分ける

・Aグループは歯科衛生士が口腔内のプロケアを週に1回・6ヶ月間に渡り実施

・Bグループはこれまで通りセルフケアを実施

その結果、インフルエンザ発症者は歯科衛生士がプロケアを行っていたAグループで1名、セルフケアを行っていたBグループでは9名だったというものです。

 

通常、気道の粘膜は蛋白質に覆われていて、インフルエンザのウィルスが簡単に付着しないようになっています。

ところがその蛋白質が破壊された状態でウィルスが口腔内に入ってくると、ウィルスが気道の粘膜に付着して大増殖します。

この気道の粘膜を守っている蛋白質を破壊するのが、歯垢・歯石・舌苔などから発生する酵素であると言われています。

 

この調査のポイントは「専門知識を持った歯科衛生士が高齢者の歯垢や歯石を徹底的に除去した」ことです。

ただ漠然と歯磨きをしただけでは口腔内の細菌は減少せず、インフルエンザの予防効果は高まりません。

歯科医院では、日常の歯磨きでは取れない汚れもハンドスケーラーや超音波スケーラーで取り除き、確実に細菌を減少させることが可能です。

 

歯磨きの方法や歯間ブラシ、デンタルフロスの使用方法についてのアドバイスも行っております。

長期間歯医者に行っていない…という方は身体の健康維持のため、そして一生涯歯を残すためにも、この機会に歯科の受診をおすすめ致します。

 

→近藤歯科医院スタッフDiary

 

 

 

 

 

 

1 2 3 4