ブログ|伊勢原市の歯医者|近藤歯科医院|

インプラントQ&A ①

2019.10.29(火)

歯科医療から全身の健康維持を目指す近藤歯科医院カウンセリングスタッフです。

 

当院ではインプラント治療も行っております。

インプラント治療をご相談いただく中で、よく頂戴するご質問を何点かご紹介致します。

 

Q:インプラントとはどのような治療ですか?

A:インプラントは歯を失ってしまった部位の骨に人工の歯根を埋め込み、その上に人工の歯を装着する治療法です。

天然歯の奥歯の咀嚼力が約30キロとされていますが、その同程度の咀嚼力を取り戻すことができ、見た目も天然歯そのものです。

 

Q:インプラント・入れ歯・ブリッジの違いは何ですか?

A:歯を失った場合には、その部分を補うために「入れ歯」「ブリッジ」「インプラント」のいずれかを選択します。

それぞれメリット・デメリットがありますが、部分入れ歯とブリッジはその支えとなる両側の歯に負担が大きく、ダメージを与えてしまいます。

入れ歯は安定したかみ合わせを長期間維持することが難しく、ブリッジは歯肉を覆うため衛生環境が悪化して歯周炎や口臭を招きやすいというデメリットがあります。

ただし、健康保険が適用されるため治療費を抑制することが可能です。

 

Q:痛みや腫れは出ますか?

A:治療後の痛みや腫れには個人差があります。

痛みに関しては治療後に鎮痛剤を処方しますが、通常1、2回服用すれば治まります。

腫れについてはほとんど腫れないという方が多数ですが、腫れる場合でも外見が気になるほど腫れることは稀で、その期間も数日程度です。ただし個人差がありますので手術当日は激しい運送、飲酒、入浴はお控えください。

なお当院では施術前に痛みや腫れのリスクについても必ず説明しておりますのでご安心ください。

 

Q:インプラント治療ができないケースはありますか?

A:あります。

インプラントは外科的処置を行う治療のため、患者さまの口腔内だけではなく身体の疾患、さらには服用する薬にも注意を払う必要があります。詳細は受診時に歯科医師よりご説明致します。

 

Q:インプラントには色々な種類があるのですか?

A:現在日本国内では40種類以上のインプラントメーカーが存在しています。

それぞれに互換性はなく、治療実績、方法、価格、安全性には大きな差があります。

残念ながら「激安」を謳い、安全性、品質共に低いものが使用されているケースがあるのも事実です。

当院で採用しているインプラントは世界シェア1位のスイスのストローマン社製インプラントシステムです。

 世界的に使用されているインプラントは現在この1社のみで、先進国で用いられているインプラントシステムの90%以上を占めています。

 

インプラント治療についてご興味のある方は、ご遠慮なく歯科医師にお尋ねくださいませ。